年収1000万ママ 仕事はつらいよ

キャリアも結婚も子供も手に入れたけど、もっと幸せ感じたくて、もっと楽に稼ぎたくてもがく日々。

女が稼ぐために必要な武器8選

サラリーマンだろうと自営業だろうと、男女問わず稼ぐには下記のような資質が必要だと思う。

 

リーダーシップ、度胸(リスクを取る力)、 レジリエンス(打たれ強さ)、コミュニケーション能力、論理的思考、観察力、分析力、判断力

 

その上で、女性が男性に負けずに稼ぐためには、プラスで武器となる要素があった方がいい。女性の平均収入は男性の75%という環境で、しかも女性は男性よりも自分を低く評価しがちだから、わかりやすい強みがないと、女性が男性と同じかそれ以上に稼ぐのはなかなか難しい。

私が考える女性に必要な要素を、地道な努力で手に入れられる順にリストアップしてみた。逆は、持って生まれた資質や運が必要な順。 

 

  1. 資格
  2. 特殊技能・技術
  3. 学歴・学位
  4. 語学力
  5. 海外経験
  6. 文章・写真・アートのスキル
  7. キャラ・個性
  8. 見た目、ファッションセンス

この中から3つを持っていれば戦いやすい。例えば、私の女子校の同級生では医者や歯医者になった子が多い。この場合は1.資格、2.特殊技能・技術、3.学位で稼いでいることになる。

私は、セールスやマーケティングなど、資格も特殊技能も必要ない職種なので、3.学歴・学位と4.語学力と5.海外経験で勝負してきた。

大学の同級生で、外資系航空会社の現役CAとして起業して、SNSマーケティングの会社を経営している友達がいるけど、彼女は美人で華やかなイメージを強みにして顧客を開拓していったから、3.学歴・学位、5.海外経験、8.見た目かな。

ママ友で、ブログやオンラインサロンで稼いでいる人がいるけど、彼女は6.文章のスキルと7.キャラを強みに成功した。ドバイに移住してから稼ぐケタが億になったらしいから、5.海外経験も大きなプラスになっているみたい。

 

なんて、思いつくままにぱっと書いてみたけど、これからキャリアを築きたい若い女性にはぜひ参考にして欲しい。

Go ladies! 

メンタルのためにしている10のこと

日々自分の気持ちを上げるためにしている10個のことを、効き目の高い順にリストアップしてみた。

 

  1. サルサダンス: メンタルのためというよりは、楽しみのためにしていることだけど、夢中になれる趣味があると、気持ちの支えになる。私は6歳でクラシックバレエを始めて以来、踊ることが喜びだから、ダンスがあれば仕事が辛くても頑張れる。社会人になって始めたサルサは、留学や出産で度々中断したけど、2年前にオンラインレッスンで再開して、今年からはダンスチームに加わって活動している。趣味でも、楽に適当にやるとすぐ飽きたりサボったりしちゃうけど、ある程度負荷をかけて必死にならないといけない状況にすると、気持ちに張りがでるってことに気がついた。オンラインで気楽にやってたときと、チームに入って振り付け覚えたりするのとでは、気分が全然違う。
  2. 瞑想 / マインドフルネス: 「Headspace」というアプリを使って、朝起きた時と寝る前に瞑想をしている。 とくに今は「ストレスを手放す」というテーマの30日間の瞑想のコースを実行中。瞑想してすぐに気分がよくなるわけではないけど、寝つきがよくなるし、何より気持ちの面で頼るものがあるという事が心の拠り所になっている。このアプリ、瞑想のガイドだけでなく、仕事のストレスの対処法やヨガのエクササイズ・睡眠のための音楽など、優良なコンテンツがたくさんでものすごくいい。(サブスク費は月480円で、日本語版はなく英語だけ。)
  3. ジャーナリング: 毎朝、前日におこった気分を下げたできごとと上げたできごとをノートに書き出す。古川武士さんの「書く瞑想」という本を読んで始めた。気持ちを整理して安定させるのにすごく役立っている。月に一回と3ヶ月に一回ノートを見直して、自分にとって大切なことは何か、どの時間を減らしてどの時間を増やすかを書き出すと、自分の価値観や目標が浮かび上がってくるらしい。まだ振り返りがしっかりできてないので、引き続き極めたい。
  4. 星占いをチェックする: ファッション業界にファンが多い占い師、石井ひかりさんの週間の12星座占いにはもう15年くらいいお世話になってる。オンラインで無料で読めるのがありがたい。いつもその時その時の状況をぴたりと言い当てていて驚かされるし、優しい文章が心にしみて励まされる。占いなんて信じない人もいるだろうけど、私は占星術に興味を持って基礎を勉強することで、メンタルケアに役立てている。星の配置によって、その時間の社会や個人にとっての流れや課題があるから、それを把握することで、目の前の問題に対して取り組みやすくなるし、気持ちに余裕が出たりする。
  5.  引き寄せ系ブログを読む: 「天寿のハッピーパーソナリティ」というブログを愛読している。「引き寄せの法則」で欲しい人生を手に入れるには、まず無意識の心の奥にたまった感情を吐き出すべしという「吐き出しの法則」がメインのテーマ。「ザ・シークレット」や「エイブラハムの引き寄せの法則」や「セドナメソッド」など、思考が現実化するっていう引き寄せ系の本を読んで、腑に落ちなかったことや疑問に思ったことを天寿さんがしっかり解説してくれていて、ものすごく納得している。よき心のガイド❤️
  6. 感情を吐き出す:上記のブログの教えの通り、 嫌なことやショックなことがあったときは、ふとんをかぶって叫んだり、わめいたり、泣いたりする。紙に書いて破ったり、携帯で書いている日記に気持ちを書き出したりする。そうすると、気持ちがすっきりして、3〜4日後には忘れていることが多い。以前はちょっとしたことでも気にしてずるずると引きずるタイプだったけど、これを初めて心の切り替えがかなり早くなった。
  7. いい出来事を10個数える:毎晩 お風呂の中で、この日に起きた嬉しかったことを10個以上数えるようにしている。朝早く起きられたとか、ランチが美味しかったとか、些細なことでいい。「健康に過ごせた」「家族も健康だった」っていうのも必ず入れるようにしている。当たり前のようなことでも、いちいち喜んだら感謝するのが幸せへの一歩だと思っている。
  8. 8時間睡眠: 睡眠は本当に何より大事。フィジカルの健康にもメンタルの健康にも!
  9. ブログを書く: 仕事の悩みをネタにして、ひとにシェアすることで気持ちが軽くなるかと思ってこのブログを始めた。上司に叱られたりミスをしたり、嫌なことがあっても、ブログに書くことで客観的な視点持てて冷静になれるのがいい。
  10. いい友だちと話す: 本当はもっとしたいけど、時間がなかったり距離があったりしてできてないのはこれ!とにかく仲のいい女友だちに悩みを話して発散することで気持ちがすっきりする。逆に友だちの悩みを聞くことで、苦しんでるのは自分だけじゃないんだと思えるし、自分は結構恵まれていると気がつくこともある。同じように上を目指せる友だちがいると本当に勇気をもらえる。小さい子どもがいると、夜時間がとれなかったり、遠くに住む友達とはなかなか会えなかったりするので、オンラインでコミュニティが広げられるといいなと思ったのも、このブログを始めたもう一つの理由でもある。

 

こうやって見ると、私頑張ってるな 笑。

だって、自分がハッピーな気持ちでいることほど大事なことなんてないもんね。成功もお金もいい人間関係も、まずは自分がハッピーでいなきゃ実現しない。これは天寿さんもよくブログに書いていることだけど、成功やお金やいい人間関係が手に入れば幸せになれるんじゃない。その逆。幸せにしていれば、成功もお金もいい人間関係も手に入れられる。だから、自分のメンタルを常に冷静に観察してケアすることが重要。

 

【おまけ】本当はもっとやりたいけど、時間がなくてなかなかできないこと。

  • ドラマや映画を観る
  • 美術館に行く
  • イラストを書く

このあたりもやるぞ〜

Go ladies! 

今日は起きた瞬間、仕事の不安を感じなかった!

平日はほぼ毎朝感じるあの嫌な感情が今日はなかった!起きた瞬間、仕事の不安から、お腹の奥に暗くて重いものを感じる。起きて、歯を磨いたり朝ごはんを用意したりと、ルーティーンをしていればそのうち軽くなるのだけど、心の奥にはずっと潜んでいる感じ。もう何年も、というか社会人になってかなりの期間この不安に苦しんでいるような気がする。でも、今朝はなかった!

 

昨日さくさく仕事して、TO DO LIST片付けたおかげかな。今朝は寝起きがよかった。昨夜は子どもたちを寝かしつけたまま、10時半には寝て、朝6時に目覚ましてぱっちり起きた。

気分がよかったせいか、起きた瞬間、今日が何曜日だかわからず、"日曜の朝かな?“なんて思っちゃった。ちょっと考えたら、"あ、そうか。昨日月曜で会社行ったから、今日は火曜日だ。"ってわかったけど。

 

仕事の不安を解消するために、メンタルを整えるためにいろんなことをしている。瞑想したり、ジャーナリングをしたり。このブログもその一つ。

さあ、このままいい寝起きを続けて、週末も平日も気楽に過ごすぞ。

 

Go ladies! 

 

 

8歳の長女が教えてくれたストレス解消法

口の悪い取引先のバイヤーとの商談が無事に終わった夜。夫に「今日の◯◯との商談、初めて罵倒されずに無事に終わった!」と報告すると、それを聞いていた8歳長女がちょっと心配そうに私を見てこう言った。

「ママ、今日図書館でストレスについての本を借りたから、明日持って帰ってくるね!」

小学3年生が、ストレスに関する本を読んでるのかとびっくりするけど、娘が私を心配して労わってくれるのは嬉しい限り。

私は、仕事で悩みや大変なことがあって落ち込んだ時は、子どもたちにも隠さずそんな様子を見せた方がいいと思っている。親だからって、聖人のふりをする必要はないし、仕事が大変なことも隠さなくていい。   

 

その後、本を読んで娘が教えてくれたストレス解消法。

  • 部屋で1人で気持ちを出すこと。
  • いつもと違うことをすること。

確かに!これは効きそうだ。すごく納得。

実は、気持ちは吐き出しはよくやってる。仕事でミスをしてしまったり、嫌なことがあった時は、布団をかぶって叫んだり泣いたりする。そうすると、気持ちが大分すっきりして、3日後にはすっかり忘れている。

 

うちの長女はまだすごく幼くて、5歳の妹と、私の膝の上の取り合いでケンカして泣いたりするくらいだから、まだストレスを抱えて悩むような気配はない。でも、この年からすでにストレスっていう概念を知ってて、それを自分でなんとかする方法があることを知っているだけでも近い将来ものすごく役にたちそう。

 

とにかく娘たちには、1日でも早く親なしで生きられるようになって欲しいと願うばかり。

 

Go ladies! 

 

無事に商談終わり、安心感と疲れがどっと押し寄せてきた。

ゴールデンウィーク明けで時間がない中、必死に準備した商談も無事に終わった。直前の2日は睡眠時間6時間から5時間だけで、プレゼン資料作ったり、夜9時までショールームに商品並べたり。

 

当日はランチを食べる時間もなくて、ショールームに用意したお客様用のクッキーを合間に食べて凌いだ。商談が無事終わった夜は、子どもたちを寝かしつけた後そのまま10時くらいに寝落ちして、朝は7時までぶっ通しで寝てた。よっぽど疲れてきたんだよね。。。

 

あ〜よかった!今回の商談では、バイヤーから罵倒されたりイヤミ言われたりすることもなかった。実は、この大手ディスカウントスタアのバイヤーものすごいクセモノで、いつも大変。30代女性で、海外育ちで、ものすごく態度がデカい。メーカーに対してものすごい横柄な態度で、納期が遅れたり少しでもこちらの不手際やミスがあると、平気でどなったり責めたりする。

 

彼女についてはまた今度ゆっくり書くとして、今は本当にすっきりとしたいい気分。いつも仕事しで苦しむけど、何か大きな山を乗り越えてときのこの爽快感はたまらない。これが欲しくてわざわざ辛い思いをしてしまうのかしら。

本当はもっと楽に働きたいのに。

 

とりあえず、この週末はいい気分で楽しむぞ。

Go ladies! 

上司のこだわりにつきあって21時まで働いた・・・。

夜9時過ぎに会社出て今帰宅の地下鉄の中。

疲れた。お腹すいた。今日はランチ行く時間なくて部下にコンビニでおにぎりを買ってきてもらった。

帰って明日の商談用のプレゼン仕上げなきゃ・・・。

 

***

明日は新商品の展示を見に、大きな取引先のバイヤーが来社する。

ディスカウントストアチェーンなので、ブランディングの観点からはあまり上等な販路ではないけれど、売上は社内でもトップ5に入る卸顧客。とにかく大量に買ってくれる。

他にもっと優先順位が高いはずの顧客もいるのだけど、なぜか上司はこのアカウントに並々ならぬ情熱を持って取り組んでいる。先方のバイヤーと仲がよく、お互いの自宅も近いらしい。元々担当していたマネージャーが入社後たった1年半で辞めてしまったため、1年ほどマネージャー不在で、営業部長である上司自ら管理をしていた。でも、それでは仕事が回らなかったので私に白羽の矢が当たって、半年前から元々自分の担当アカウントに加えて、この顧客を担当している。私にとっては2番目に売上の高い顧客だけど、ものすごく手のかかる取引先で、勤務時間の7割はここに取られている。

 

***

彼らはディスカウントストアなので、展開ブランドや新作商品のすべてを納品できるわけじゃない。売れ筋はのぞいて、ブランドチームから許可が出た商品だけを提案する。

いつもは大きな会議室に商品を並べてバイヤーを呼ぶけど、今回は急だったために会議室が空いておらず、オフィスに併設しているショールームを使うことに。

その顧客の取り扱いブランドについては、納品不可の商品を取り除いてバイヤーに見せるつもりでいた。ショールームにはうちの会社が取り扱う全ブランドがキャンペーンポスターと一緒に展示されているけど、取り扱ってないブランドについては、質問されても「販売できません」「本社から許可がおりまさん」と説明すればいい。他の取引先に対しても、会社の規模や店舗立地やイメージに応じて展開ブランドを決めているので、なんらおかしなことでもないし、通常の商習慣として問題もない。

でも上司の考え方は違った。「先方が取り扱いしていないブランドは見せたくない。全部隠せ!」え?うちの会社の扱ってるブランドは先方も知ってるし、一部のブランドだけ卸してるのも承知ですけど、わざわざなんで隠すの?「これも売ってと言われたら面倒臭い」いや、普通に断ればいいでしょ。お互いまともな会社なんだから。「必要ない什器も全部片付けろ!」え?そもそも、ショールーム使えばっていったのあなたですけど?「取り扱いブランドも、納品できない商品が写っているからキャンペーンポスターも外せ!」ホームページ見れば誰でも見える画像ですけど。。。

 

結局、ショールームを彼らのためにすっかり作り替えることに。取り扱いのないブランドの全商品をダンボールにしまって、ポスター外して、什器やテーブルとイスをを動かして、提案できる商品を並べて。上司とわたしの部下2人と、関係のない別の営業さん2人も巻き込んで、夕方6時前から取り掛かって、結局9時過ぎまでかかったよ。

 

正直意味わかんない上司のこだわり。なんで普通の顧客にするような、ストレートなコミュニケーションができないんだろう。お互いの事情を正直に説明すれば納得できるはずなのに。隠せだの見せるなだの教えるなだの、無かったことにしろだの。

 

疲れた。とりあえず家ついたので、ご飯食べてお風呂入ってから考えよ。。。

 

Go ladies!

最高のGWも終わり、今日から仕事だ・・・。

つらい。

仕事の不安。

朝起きた瞬間から胸の奥がずきずき痛む。

 

長期休みの後のこの憂鬱。なんとかならないかな。今回は休みの間も何度かメールのチェックをしたからメールはたまっていない。昨夜、今週の打ち合わせや商談スケジュールは整理して手帳にまとめたから、やるべきことは大体頭に入っている。

それでも襲ってくるこの不安。朝からマインドフルネスのアプリで瞑想して気持ちを落ち着かせる。会社に来て仕事に取り掛かってしまえば、気分は落ち着く。同僚とおしゃべりすれば、ちょっとは気持ちも晴れる。

 

もっと軽やかに働きたいな。気軽に働きたいな。楽しく働きたいな。

好きでやってる仕事なんだから、いちいち苦しみたくない。条件も人もいい会社で満足してるんだから、些細なことで悩みたくない。しっかり休み取れて恵まれてるんだから、休み明けだって明るい気持ちで出社したい。

 

どうしたらいいんだろう?

所詮仕事なんて、お金もらうためにやってることだから、そんなに気にしてもしょうがないって割り切っている人も多いよね。何が起きても冷静に淡々と仕事している人もいる。高いポジションにいる人は、大きな課題を抱えてもしっかりとパフォーマンスを維持している。

私もそれができるといいな。

 

今はどうしたらいいかわからないけど、とりあえず目の前の仕事を片付けるしかない。

 

Go ladies!